横浜スタジアム一般利用で見学しました

普段は入れない横浜スタジアムの内部やグラウンドに一般利用で入ることが出来ました^^

ブルペンとか選手控室には入れなかったのですが見ることが出来た施設は写真に撮ってきたので紹介したいと思います。

横浜スタジアム一般利用の入り口

横浜スタジアムの一般利用の入り口は道路に面しているココからの入場となります。

横浜スタジアム一般利用

観客席のゲートとは違うので注意してくださいね。

警備員さんがいるので、「一般利用です」と言えば通してくれます。入口をはいったら右に進みます。

中はこんな感じで駐車場になってます。色々なものがあるので物置としても使っているみたいです。

横浜スタジアム一般利用

おっと、いきなりレアな車に遭遇。

スターマン号とパフォーマンスの時によく見る車。

スターマンの車は何に使っているんだろう?

隣の青の車は、イニングの間にボールやTシャツをディアナのお姉さんが配ったり、試合終わった後にベイスターズの今日のヒーローが観客に挨拶する時に乗る車ですね。

ハマスタでベイスターズの試合を良く見るので目の前にこの車があって嬉しかったです。

スターマン車

直ぐ近くにも変わった車が。コレなんだろう?ラムネ売るためだけの車なのかな?

なんか、移動販売に使ってそうな雰囲気ですけど詳細は不明です。

ベイスターズラムネ

こんな感じで少し歩くと、球場への入り口があります。ベイスターズの選手もこの入り口を使っているみたい。

ハマスタ関係者入口

早速、中に入るとこんな感じ。かなり小奇麗になっています。左に球場の事務所があります。

ハマスタ事務所

右には巨大ポスターとお花があります。いつもこんなに胡蝶蘭があるのかは知りませんが・・・。

ベイスターズ選手ポスター

入口は行って右に進むと1塁側(ホーム)のダグアウト、左に進むと3塁側(ビジター)のダグアウトとなります。

ちなみに、入り口の正面にあるのがこれ。VIPルームや放送席への入り口です。

特別な人が入るVIPルームか~、入ってみたいな~。

VIPルーム

さて、それでは1塁側のダグアウトに進みます。通路は小奇麗でいい感じです。

VIPルーム

そのまま真っすぐ進むとレジェンドマッチのポスターが。ココを左に曲がるといよいよダグアウト。つまり選手が使っているベンチになります。

ベイスターズレジェンドマッチ

お~!ついに1塁側のダグアウトに到着。

ベイスターズレジェンドマッチ

横浜スタジアムのダグアウト

やっぱり、普段はコレないところだから感動しますね。2018年からこのダグアウトは改装されて広くてきれいになっています。全体像はこんな感じ。

横浜スタジアムのダグアウト

直ぐとなりがプレス用シート。新聞などのカメラマンさんがココから写真撮ってます。

横浜スタジアムのダグアウト

ダグアウトの中はこんな感じになっています。

ハマスタ一塁側ベンチ

なかなか広いスペースです。ただ、ベンチはもう少し高級感があればいいのになって感じですね。

ベイスターズ側ベンチ

そして意外だったのがこれ。足元にヒーターが付いているんです。寒い日の試合には嬉しいですけど。

ベンチ足元のヒーター

2018年シーズンから増築された背高のベンチ。ココからはかなり見やすい作りです。

背高ベンチ

試合がある日には使われているモニターや選手リストも。

ダグアウト内のモニター

作り変えたばかりのダグアウトだから床もキレイ。ブラウンとブルーのコントラストもなかなかのものです。

ダグアウトの床

さて、ここからはダグアウトの裏側に入ってみましょう^^

ダグアウトの出入り口は意外と狭いのです。

ダグアウト出入り口

ダグアウトを出るといきなりあるのがこれ。洗面ですね。もう少しちゃんとした作りにすれば良いのに。この辺はあまりお金かけてないいみたいです。もうチョイきれいにしてほしいですね(汗)

ダグアウト洗面台

そして次に見えるのがコチラ。トイレです。

横浜スタジアムベンチそばのトイレ

きっと試合中の選手たちが使うんでしょう。トイレの中はどんな作りになっているかと言えばこんな感じ。普通です。

ベンチ側のトイレ内

そしてこのトイレの隣にあるのがコチラ。ウォームアップ用のスペースですね。

打席が近くなったり代打の選手がここでバッティングフォームの確認したり体温めたりするんでしょう。

ベンチ側のトイレ内

この他には用具室とかもありますね。その他の施設については後ほど紹介したいと思います。

横浜スタジアムのグラウンド

2018年に人工芝が新しく張り替えられました。まだ新しいのでとてもキレイですね。

ベイスターズのトレードマークも健在。マジかで見るとあまりよく見えないのが残念ではありますけど。

これ、人工芝自体をペイントしてあるので色落ちしたりはしないのです。

横浜スタジアムの人工芝

ホームベースの後ろから横浜スタジアムの全体像を撮影してみました。これは良い景色です。

横浜スタジアム全体像

続いてホームベースからの視点。正確にはアンパイアの視点かな。打者はこんな感じの景色を見ているんですね。

ちなみに、この目線で実際に見ると意外にハマスタ小さいという印象になります。ホームランが出やすい球場なのも納得。

横浜スタジアムのホームベース

コチラがマウンドです。バッターボックスからみても感じたのですがピッチャー目線で見てもマウンドとバッターの距離って意外と近いですね。

横浜スタジアムのマウンド

お次は外野からの様子。なぜだかホームが遠く感じます。

横浜スタジアムの外野

グラウンドから見上げるオーロラビジョン。これはなかなか迫力があります。

ハマスタのオーロラビジョン

センターポジションからホームベースに向けて芝目線で写真を撮ってみました。このローアングル結構良さげです^^

ハマスタのセンター

外野席の壁がそびえ立ちます。この壁はなかなか高いですね。

ハマスタの外野の壁

そ~いえば、天然芝の白線ってなかなか消えないのが不思議だったんですけどコレもペイントだったんですね。石灰で線を引いているわけではなかった。

天然芝の白線

1塁ベースや3塁ベースは天然芝のところはペイントで、土の部分は石灰で白線を引いています。

一塁ベース

ちなみに、バッターボックス部分は全て土なので石灰で白線を引いています。

こんなに科学技術が発達しているのにいまだに石灰使っているのも不思議ですね。

バッターボックス

とまあ、こんな感じで横浜スタジアムのグラウンドを楽しむことが出来ました。

天然芝もキレイになったので観客席からの眺めも美しくなっているんでしょうね。

ハマスタに通ってベイスターズ応援に力が入りそうです^^

食道とかお風呂とか

グラウンドやダグアウト以外にも少しウロウロしたので紹介したいと思います。

1塁側ダグアウトから出てこんな通路もあります。監督控室とかトレーナー室とかがあります。

監督室

コチラはビデオ室らしいです。試合中は誰も入っちゃダメみたい

ビデオ室

喫煙室もありました。事務所職員とか色々なスタッフさん用なのかもです。

喫煙所

次は、お風呂というかシャワー室にもお邪魔しました。選手も使うようです。

シャワー室

シャワー室の中に入るとまずは洗面台が沢山。こんなに使うのかな?

シャワー室

奥が更衣室になっています。スペースとしては狭い。シャワー室の入口から更衣室までは設備的な古さを感じます。

シャワー室

そしてお風呂場の様子がこれ。湯船がどか~んとあります。なかなか良い湯加減でしたよ。

湯船

そしてシャワースペースが湯船を囲うようにある感じです。

湯船

湯船

シャワー室は1塁側と3塁側にあります。プロの選手だけでなく一般利用でも使わせてもらえますよ。

ちなみに、面白かったのがこれ。ダグアウトのそばにある選手用の食堂。

選手用食道

選手が利用しない時間帯は球場スタッフさんの社員食堂になっているみたいです。結構、繁昌していました。

もう少しメニュー豊富だといいのに。

食道のメニュー

とまあ、こんな感じで横浜スタジアムの一般利用を満喫してきました^^

次は、グラウンドで野球してみたいから改めて借りてみようかな。

そんなに驚くほどの料金ではなかったので試してみる価値はあるかも。

プロ野球の試合中継

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。