名古屋ドームおすすめしたくなる理由を解説

名古屋ドーム

名古屋ドームは野球だけでなくコンサートなどのイベントも多く開催されている人気の場所。

ひつまぶしは食べられるのかな?どんなグルメがあるのかなど詳しく説明していきます。

中日ドラゴンズの野球の試合は勿論のこと色々と楽しんじゃいましょう。

名古屋ドームへの行き方(アクセス)

名古屋ドームへの行き方は電車が便利です。今回は、地下鉄を使って行きます。

名古屋市営地下鉄名城線 or ゆとりーとライン「名古屋ドーム前矢田」と言う駅で下車します。

名古屋ドームのアクセス

どういう訳か、「名古屋ドーム前嫌だ」と嫌悪感を表すような表記になっているのが不思議。

名古屋駅からのアクセスを少し説明しておきましょう。

名古屋駅の桜通口を外に出て左に進みます

名古屋駅の桜通口

そして少し進むと東山線の乗り場があるので下っていきます。

名古屋市営地下鉄東山線

名古屋駅からだと、名古屋市営地下鉄東山線で栄駅(5分くらい)まで行きそこから名城線に乗り換えて12分ほどです。

名古屋市営地下鉄名城線

なので、名古屋駅からナゴヤドーム前矢田駅に到着するには乗り換えを含めて30分見ておけば大丈夫って感じです。

さて、ナゴヤドーム前矢田駅に到着したら1番出口から出ます。

ナゴヤドーム前矢田駅の1番出口

ここから、名古屋ドームの入り口までは歩いて10分~15分は見ておきましょう。

公式サイトでは徒歩5分とありますけど、1本道なので時間帯によると混み合います。

1番出口を出たら道なりに真っすぐ地下道を進んでいきます。

1番出口からの地下道

なかなかの混雑ですが仕方ないです。

この地下道は中日ドラゴンズ一色です。ドラゴンズの選手たちがお出迎え。

中日ドラゴンズ

そして、地上に出て真っすぐ進みます。1本道なので1番で口から名古屋ドームまでは迷うことはありません。

ナゴヤドームまでの通路

そして、直ぐにナゴヤドームが見えてきます。なんだか円盤みたいですね~。

ナゴヤドーム

ほどなくして名古屋ドームの入り口に到着です。

ナゴヤドーム入口

入口付近では、時間帯によって中日ドラゴンズのチアリーダーさんがパフォーマンスをしています。それにしてもすごい人気です。

ナゴヤドーム入口

こんな感じなので、ナゴヤドームへのアクセスはそれほど迷うことなく行けると思うので安心してください。

名古屋ドームのイベント

最近では、どこの球場でも屋台グルメは充実していますよね。名古屋ドームでもご当地グルメを始め多くの屋台が駐車場で賑わっています。

ナゴヤドーム入口

ちなみに、ナゴヤドームの駐車場は中日ドラゴンズの1軍の試合がある日は事前にチケットぴあで駐車券を購入するシステムになっています。1日で2500円。

車でいきなり行ってもナゴヤドームの駐車場には駐車できないので注意してくださいね。

お隣にイオンモールがあるのでコチラの駐車場が空いていれば使えます。

ナゴヤドーム隣のイオンモール

近くにもタイムズなどの駐車場はありますが早めに行かないと空いてません。

名古屋ドームの座席の見え方

名古屋ドームでは数多くの座席の種類があります。ここでは、代表的な座席とそこからグラウンドの見え方について説明していきます。

ナゴヤドームの座席

内野席

まずは内野席から見ていきましょう。グラウンドに近いから迫力ありますよね。

内野SS

迫力の攻防を真横から観戦できるシートです。ここからの眺めはこんな感じ。

内野SSからの眺め

座席はと言うとコレ。前後に少しゆとりがあります。座席もクッションがあるので座り心地はまずまずです。

内野SSからの眺め

内野S

こちらも前の方の席を確保できればこんな感じで迫力ある眺めになります。

内野Sからの眺め

ちなみに、座席はこんな感じ。まあ、普通です。

内野Sの座席

フィールドシート

目線がほぼグラウンドと同じだから迫力満点!

フィールドシート

座席もこんなに贅沢な作りです。広いしクッションがフカフカだし。まさに、VIP待遇です。
フィールドシートの座席

中日ドラゴンズが勝利したら、選手とハイタッチ出来る特典があります。

内野A

内野A席の少し後ろの方の座席からはこんな眺めになります。少し引いた感じの見た目で見やすいと思います。

内野Aからの見た目

座席は少しグレードが下がってこんな感じ。

内野Aの座席

内野B

この席も前の方に行くと結構グラウンドに近いです。私は上から見るのが好きなので上の方の内野B席の眺めを紹介します。

内野Bからの眺め

座席はこんな風になっています。

内野Bの座席

ちなみに、内野B席で一番外野に近いところからの眺めはこんな。少し離れちゃいますね。

内野Bの座席の外野近く

バラエティグループ席

ここは、4人くらいのグループで楽しく観戦するためのシート。

バラエティグループ席

中がどういう構成になっているかと言えばコチラ。

バラエティグループ席の構造

比較的ゆったり目に作られています。食べ物も飲み物もテーブルに置けるのでくつろぎながら野球観戦が出来て良いですね。

勿論、眺めもバッチシですよ。

バラエティグループ席からの眺め

全体を見渡せるのが良いですよね。

ドアラ・テラスシート

見たとおり、ドアラ一色で固められた座席です。お子様が喜びそうな感じですね。

ドアラ・テラスシート

他のドアラ・テラスシート

眺めも悪くありません。ワイワイ楽しみながら観戦できる良い感じの席ですね。

ドアラ・テラスシートからの見た目

ちなみに、この席は特典としてドアラと記念撮影が出来るんです!

ドアラファンは一度は試したいですね。

でら楽ペアシートS

ペアでの観戦ならオススメです。座席もゆったりしているしクッションもあるから疲れません。

でら楽ペアシートS

座席からの眺めもグラウンドが近くて迫力があります。

でら楽ペアシートSからの眺め

車椅子・グループボックス

意外に知られてないけど良い席がコチラなんです。

車椅子・グループボックス

車いすの方が一緒にいるのが前提になるますが、広いスペースで試合も見やすい。

車椅子・グループボックスからの眺め

車いすの方がいる家族や友人のグループでの観戦ならオススメですよ。

リビングボックスシート

3人~5人用の席があるボックスシートになっています。

リビングボックスシート

ここの後ろは立ち見禁止になっているから人の目線を気にすることがないのがメリット。

座席の中はこんな感じの作りです。

リビングボックスシートの座席

眺めも抜群なのでコチラも家族などにオススメ。

リビングボックスシートからの眺め

車椅子・介添席

コチラも車いすの方専用の席。充実の広さがあるので出入りも楽ちんです。

車椅子・介添席

勿論、試合もみやすい設計になっていますよ。

車椅子・介添席からの眺め

外野席

ここからは外野席そして2階席からの見え方を紹介していきたいと思います。

1階外野席

応援に専念したいなら外野ですね。あの独特の一体感は私も大好きです。

折りたたみシートになっているのである程度はゆずりあいも楽になります。

1階外野席

見た目はこんな感じ。コレはどこの球場でも同じですね。

1階外野席からの眺め

パノラマA・パノラマB

2階席は主にパノラマAとパノラマBがあります。どちらにせよ、グラウンドからは少し離れてしまいますね。

2階の座席はこんな感じです。

2階の座席

パノラマA席の一般的な眺めはこんなです。

パノラマA

そして、パノラマB席の一般的な眺めはコレ。少し遠い印象ですよね。

パノラマB

ちなみに、2階席のバックネット裏からの眺めです。コレはなかなかいい感じです。

2階席のバックネット裏

さらに、2階席で一番高所にある席からの眺めです。スペクタクルな眺めですね。

名古屋ドームで一番高所の席

パノラマパーティテラス12

パノラマビジョンのすぐ隣にある大人数用のスペース。ホームベースからは一番離れています。

パノラマパーティテラス12

横を見ると直ぐに大きなパノラマビジョンがあります。

パノラマビジョン

そして座席の構造がコレです。ここは、大人数でワイワイガヤガヤするにはもってこいですよ。

パノラマパーティテラス12の構造

グラウンドの見え方もまさにパノラマビジョン。内野が遠くですが眺めは抜群です。

パノラマパーティテラスからの見え方

座席とは関係ないですが、名古屋ドームの天井を紹介します。ちゃんとした鉄骨作りです。

名古屋ドームの天井

球場全体として、試合を見やすい構造になっていると思います。グラウンドから近い方が良いか全体を見渡せるほうが良いかは好みになりますへ。

名古屋ドームのグルメを見てみよう

ナゴヤドームはグルメなお店も沢山あります。全ては紹介することができませんが、代表的なものをピックアップしますね。

紀文
紀文

他の球場ではあまり見ない紀文のお店。焼きそばやタコやきそして肉まんなどがあります。

そして、忘れてはならないのが練り物おでん。紀文らしさが伝わってきます。

紀文のおでん

VIVA VIVA
ピザ、ハンバーガー、アメリカンドックなど手軽な軽食が沢山あります。

ビバビバ

パスタやアメリカンドッグそしてカツサンドなど種類が豊富なのも魅力です。

でらポテでらチキ
変わり種のフライドや唐揚げなど揚げ物が中心。

でらポテでらチキ

選手プロデュースのメニューもあるので立ち寄ってみるといいですよ

ナゴドルチェ
スイーツのお店。デザート系が食べたいならコチラです。タピオカジュースとかマシュマロを使ったメニューもあり楽しいです。

ナゴドルチ

今回、試合開始前までしか販売されていない限定の「ナゴド・モーニング」を注文してみました。

ナゴド・モーニング

パンケーキの生地にソフトクリームと小豆がサンドされています。ドリンク付きで500円とお得。

試合前に名古屋ドームに到着されるようでしたらお試ししてみる価値ありますよ。

Snack Third(スナックサード)
お弁当、お菓子、おつまみやアイスクリームなどが購入できます。

Snack Third

白穂乃香というプレミアムビールもありました。

お祭りやき兵衛
フライドポテトやタコ焼きなどの軽食が中心。

お祭りやき兵衛

選手プロデュースのドリンクや食べ物のメニューもあります。

PRESENCE
こちらも唐揚げやフライドポテトなどの軽食が中心。

PRESENCE

ラクレットじゃがベーコンやラクレットチーズドッグそしてチーズボールなどチーズ関係のメニューもあるのでお試しあれ。

さんどら亭
お好み焼き、牛丼、たこ焼き、焼きそばなどがあります。

さんどら亭

どら焼きとかわらび餅もあるので少し甘いものが欲しいなら寄ってみてください。

ショートストップ
ハンバーガー屋さんです。ホットドッグやチュロスやソフトクリームもあります。

ショートストップ

名古屋らしく味噌カツバーガーもあるので初めての方は試してみてください。

グッズホーム
グルメではないですけどドラゴンズのグッズも名古屋ドーム内には販売されています。

中日ドラゴンズのグッズ

色々と欲しくなってしまいますよ。

番外編
こういうのまだあるんですね~。名古屋ドームの記念メダル販売機。

ナゴヤドーム記念メダル

昔の観光名所には必ずありましたね。さて、ナゴヤドームではどれほどの売れ行きなのか気になるところです。

名古屋ドームのロッカー

ナゴヤドーム内にもコインロッカーはあります。ただし、それほど数は多くありません。

また、ナゴヤドーム前矢田駅にもコインロッカーはありますが数は少量です。

大きな荷物をもってくると邪魔になってしまうので出来るだけ身軽にして来るのが良いと思います。

喫煙所もあります

名古屋ドーム内にはキレイな喫煙所がいくつも用意されています。

ナゴヤドームの喫煙所

わざわざ外に出る必要はなく空調が完備されたところがあるので便利ですね。

それにしても、広くて立派な喫煙所ですね。

授乳室やベビーカー預かりはあるのか

名古屋ドームいはベビールームが4か所もあります。

ベビールーム

ここでは、おむつ替えや授乳が出来るようになっています。

さらに、託児所もありますよ。

託児所

事前予約が必要ですが、託児所もしっかりと利用できます。

また、ナゴヤドーム内にはいくつもベビーカー置場が用意されています。

なので、赤ちゃんや小さなお子様を連れて家族で名古屋ドームに来ても安心です。

名古屋ドームのホテルはどこがいい

プロ野球の試合中継

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする