ハマスタのウイング席がかなり良かった

横浜スタジアムのウイング席

2019年から新しく横浜スタジアムにウイング席が増設されました。一塁側にその存在感が光ります。

このウイング席だけで3500席もあるようです。ちょっと、見にくいかな~と思って実際に行ってみたのですが予想を超えてかなり良かったです。

お値段もリーズナブルですしこのウイング席はかなりオススメです。

ウイング席へのアクセス

ハマスタのウイング席の入り口は外野ライトスタンドのゲート(8番エントランス)の近くにあります。

ウイング席の入り口

このウイング席が出来たせいで8番エントランスが目立たなくなってしまいかわいそうな気もしますが・・・。

ちゃんと、ウイング席のエントランスのご案内があるので直ぐに分かります。

エントランスのご案内

そこから、階段を上っていくとウイング席に到着します。

ウイング席へのアプローチ

心配しているほど階段を沢山上ると言う印象はありませんでした。

ただ、この辺の感覚は人それぞれなので何とも言えません。

内野席Bとかと階段の昇る量は同じくらいです。

それでも、階段を上るのがイヤと言う方も安心してください。

ちゃんとエレベーターがあります。

ウイング席のエレベーター

車いすの方や妊婦さんなどが優先となっていますが普通の人も利用可能です。

ちなみに、ウイング席はバリアフリー構造がしっかりしているので車いすの方も安心して利用することが出来ますよ。

やはり、新しい建物は色々なところがしっかりとしていますね。

ウイング席の座席と見え方

ハマスタのウイング席の最前列から見た様子がコチラです。

ウイング席の試合の見え方

凄く見やすいです^^

球場全体を見渡せることも出来て気持ち良いです。

バックスクリーンもしっかり見えます。

ウイング席からバックスクリーンを見る

気持ちイイですね~。ウイング席は前の方の席が特にオススメ出来ます。まあ、全体的に見やすい作りになっているので、訳あり席以外なら大丈夫です。

ちなみに、ウイング席で一番見やすい席がコチラです。

ウイング席の車いす専用

車いすの方専用のゾーンです。このゾーンは人気が出てくる気がします。

車いすの方は一度はここから観戦してみてくださいね。

さて、ではウイング席で一番標高が高い席からの眺めとなるとこんな感じです。

ウイング席の一番高いところ

選手が豆ほどに見えてしまう感はありますが、思っているよりも悪くはないです。

ここの座席はどれくらい高いかと言いますと、このくらいです。

ハマスタの照明

照明とほぼ同じ高さです。よ~く考えるとなかなかワイルドですね。

ちなみに、ウイング席の座席はこんな感じになっています。

最前列の座席はコチラです。

ウイング席の最前列

ドリンクホルダーは足元にちゃんとあるのでご安心を。

続いて、普通の座席はドリンクホルダーは前の座席に付属しています。

ウイング席の普通の座席

ウイング席の座席は全て背もたれは浅い作りになっています。でも、十分ですよ。

さらに、座席の前後と左右のピッチは比較的ゆったりと作られています。

外野席のようなぎっちり感がないのでゆとりを感じます。

それから、一番上段にある立ち見席も広々としているからストレスがありません。

ウイング席の立ち見席

2019年に完成したばかりのウイング席です。内野でしか野球を見ない方も試しに行ってみると良いと思います。

ウイング席はグルメも充実

横浜スタジアムのウイング席はグルメも充実しているから嬉しいんです。

フードは勿論、クラフトビール専門店もしっかりとあります。

まずは、横浜と言えばシュウマイ。そうです。シュウマイBARというフードコートがあります。

シュウマイBAR

ここは、崎陽軒とキリンビールが提供しているようです。

なかはこんな感じです。

崎陽軒とキリンビール

シュウマイは単体でもありますしシュウマイ弁当もあります。

ハマスタ名物のミカン氷もちゃんと販売されています。

キリンビールのコーナーでは、サワー系やソフトドリンクも販売されています。

なぜだか、よなよなビールも生ビールで販売されてますし他にもキリン独自のクラフトビールがありました。

続いては、コチラのBAYSIDE ALLEYのご案内。

BAYSIDE ALLEY

この中には5つの店舗がありどちらも魅力的なんです。

●BLUE STAR HOTEL
BLUE STAR HOTEL

青星寮カレー(800円)や青星寮カレーパン(400円)が販売されています。他にもベイスターズ限定のクラフトビールも販売されています。いや~、ビールがすすんじゃいます^^

●BAY MAGURO
BAY MAGURO

ベイマグロ丼(800円)とベイマグロ皿(1000円)があります。ちなみに、どちらともマグロは加熱されたものです。生ではありません。

他にもベイスターズ限定クラフトビールも販売されています。

●BAY CHIKEN LEG
BAY CHIKEN LEG

その名のとおり、鳥の足肉(700円)やポテトフライ(600円)などが販売されています。

肉食の方はコチラが良いかも。

●Hamasta Sweets & CRAFT BAY BAR
Hamasta Sweets & CRAFT BAY BAR

Hamasta Sweetsの方には、ミカン氷やキャラメルポップコーンそしてタピオカドリンクなどがあります。

CRAFT BAY BARはオリジナルクラフトビールやベイスターズオリジナルレモンサワー、ジャックター、クラフトジンジャーハイボール、クラフトジンジャーエールなどドリンクを中心に販売されています。

個人的には、ビール以外だとオリジナルレモンサワーがオススメ。レモンを絞りながら飲めるしサッパリしています。

授乳室もトイレも荷物預かりもあります

ハッキリ言って、ウイング席のエリアには何でもありますよ。

授乳室もしっかり完備されています。
授乳室

男子用のトイレにも赤ちゃんのおむつ替えシートが用意されています。
おむつ替えシート

さらに、手荷物預かり所まで配備されています。
手荷物預かり所

大きな荷物やベビーカーなど無料で預かってもらえますよ。

そして、圧巻なのがトイレです。広くて数も豊富。これなら、並ぶことはありません。

手洗い場も数多いのが便利です。

ウイング席のトイレ

簡易的ですがグッズ販売所もありますよ。

ウイング席のグッズ販売所

ソフトドリンクの自動販売機もあります。

ウイング席の自動販売機

なんか、ハマスタで欲しいものがすべてそろっている感じがします。

全てがコンパクトにまとまっていて居心地が良いです。

ウイング席の注意点があります

ウイング席は新設されたと言うこともありキレイですし設備などもしっかりしています。

ただ、いくつか注意しておきたいコトがあります。

●日差しに注意
曇りの日はまだよいのですが、晴れの日はず~~と日光が降り注ぎます。太陽が目の前にあるんです。

眩しいので帽子もしくはサングラスは用意しておくべきでしょう。

ウイング席は場所が高い所にあるので遮るものが何もありません。

ナイタ―なら大丈夫かと言うとそうでもありません。

西日が直接降り注ぐので夏場は7時30分くらいまで西日を浴び続けることになります。

日焼けしたくない方はしっかりと対策しましょう。

特にデーゲームで晴れの日はかなり暑いし直射日光が厳しいです。

風と体感温度にも注意
先ほどもサラリと紹介しましたが、ウイング席は照明とほぼ同じ高さにあります。

ウイング席の風に注意

バックスクリーンの上にあるフラッグよりも高い位置になります。

どういうことかと言いますと、風がそれなりに強いと言うことになります。

地上はそんなでもなかったけどウイング席に上がってきたら風が結構吹いていると言うことも多々あります。

さすがに吹き飛ばされることはないと思いますが、体感温度が下がるので注意が必要です。

5月までのナイタ―なら薄手のダウンがあると便利です。

デーゲームでも太陽が隠れて風が吹いてくると結構寒いので羽織るものを持っていくようにしましょう。

6月のナイタ―も長袖を持って行きましょう。

上空は風が吹いて体感温度が下がると言うことだけはくれぐれも注意しておいてください。

プロ野球の試合中継

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする